田坂さんの動画を見て(聞いて)いると、よく出るフレーズ。

文芸評論家の亀井勝一郎さんの言葉らしい。

 

割り切る、というのは、楽になるための選択、と言えると思う。

魂が弱ければ、楽になる方に流れるし、

魂が強ければ、楽かどうかよりもっと崇高な指標で選択できるのだろう。

 

ちょっと前にプロゲーマーのウメハラの放送を見ていて、

ウメハラが同じくプロゲーマーのハイタニと以前に会話した中で、

 

(ハイタニ)
1年を振り返って、自分は結局強キャラに、キャラ性能で負けてしまった。

このまま今のキャラでいくのか、強キャラに切り替えるべきなのか迷う。

 

といったような話があったらしい。

今のキャラでいくのか、強キャラに切り替えるのか、

どっちを選ぶにしても、割り切るなら簡単。

強いキャラ使っちゃえばいいや。

あるいは、弱キャラでいけるところまでいければいいでしょ。

という具合に。

 

けど、そう割り切らずに、

プロとして勝つ、ということにこだわって、

結果と過程をプロとして魅せる、

そのためにどうすればいいのか、

真剣に考えるからこそ葛藤が生まれる。

 

そうした葛藤の末の決断は、

割り切りの、楽になりたいというものとは

違う目的、意志を持った選択になる。

 

結果として何を選ぶかよりも、どういう思いで選んだか、だ。