テレビ欄の映画をとりあえず録画する設定にして、気になった映画だけ
観るようにしている。録画一覧を見ていたらパトレイバー2があったので、
懐かしくなって鑑賞。

f:id:kazuma98:20150523205336j:plain

押井守監督によるパトレイバー2はパトレイバーシリーズの中でも異色の
作品だ。お馴染みの特車二課のメンバーどころかパトレイバーすらほとんど
出てこない。1993年制作、自衛隊のPKOで世論が揺れていた時期だ。

本作はPKOとして派遣された自衛隊が敵の襲撃を受け、発砲許可が得られ
ないまま壊滅してしまうシーンから始まる。その生き残りである柘植行人が
この物語のキーパーソンだ。そして数年後、横浜ベイブリッジが戦闘機に
より爆破されてしまう。
爆破に関与した人物として、柘植行人の名前が挙がる。

事件を調査している陸自幕僚調査部の荒川は特車二課の後藤に言う。

後藤さん。警察官として、自衛官として、俺たちが守ろうとしてるものって
のはなんだろうな。前の戦争から半世紀、俺もあんたも生まれてこの方、
戦争なんてものは経験せずに生きてきた。平和…、俺たちが守るべき平和。
だがこの国のこの街の平和とはなんだ。
かつての総力戦とその敗北、米軍の占領政策、ついこの間まで続いていた
核抑止とその代理戦争。そして今も世界の大半で繰り返されている内戦。
民族衝突、武力紛争。そういった無数の戦争によって合成され支えられて
きた、血まみれの経済的繁栄。それが俺たちの平和の中身だ。
戦争への恐怖に基づくなりふりかまわぬ平和。
正当な代価を、よその国の戦争で支払い、そのことから目をそらし続ける
不正義の平和。

後藤はこう返答する。

そんなきなくさい平和でも、それを守るのが俺たちの仕事さ。
不正義の平和だろうと、正義の戦争より、よほどましだ。

ちょうど集団的自衛権の行使を限定的に容認する安保法案が閣議決定した。
本作の公開から20年以上が経っているが、日本人が戦後から謳歌してきた
不正義の平和が許されない時代に突入したのだろうか。